国内アイディアの源

国内事業のアイディアの源

ダミー画像 全てはこの本(左記)から始まりました。

概要:「シンガポールの亀(タートル)牧場みたいに、トレーダーを育ててみよう」25年ほど前、カリスマ・トレーダー、リチャード・デニスは同僚のウィリアム・ エックハートにそう語った。彼らは、トレーダーを育成することは可能か否かという賭けをするため、主要新聞に全面広告を打って大々的な募集をおこない、ト レーダー養成塾「タートルズ」を作った。タートルたちは、わずか2週間の研修プログラムを終えると、それぞれ100万ドルの口座を任され、市場に参戦し た。そして、ほとんどのメンバーが未経験だったにもかかわらず、次々と巨額の利益をあげ、業界に旋風を巻き起こした。相場は正しい訓練により成功できるこ とが証明されたのだ。

当時19歳の最年少タートルだった著者は、わずか4年で3000万ドルを稼ぎ出す。というものでした。

活動の概要

基本的に指導は同じ2週間を予定しています。

教えることもシンプルでトレンドグラフの分析の仕方だけです。各指数等の利用は基本的にしません。もちろん個人的に利用したいかたはそうして構いません。

極論をいうと、トレードの仕方は100人いれば100通りあり、どれが正解というのはないんです。自分なりのやり方を見つけるのが目的です。

問題はその自分のルールを確実に実行できるかというところにあります。

僕の場合、投機的なスタイルなので、ある思惑を持って市場に参加し大きなリターンを取るというハイリスクハイリターンのやり方です。

ですが、会員にはその方法は進めません。

まず、指導してみて、シュミレーションソフトで実地を行い、それで自分がトレーダーに向いているのかそうでないかを判断してもらいます。
それでもどうしてもトレーダーを目指す場合、相当の努力とお金(負け金)を覚悟してください

私の自論は・・・

投資家とは頭脳・知識というより、性格特性である。

です。